Loading

栄光のかけはし

2020年中学受験終了、中学1年生のお母様へ伝えたいこと

子供と一緒に闘った中学受験。漸く突破し、入学した中学校。しかし、コロナが起こり、異例のスタートとなりました。そのため、学校に馴染めない、勉強についていけないなどで、悩んでおられるお子様やお母様が多いことを知りました。通常、あってはならないことですが、やはり「やめたい」と思うお子様は、毎年、どの学校でもあります。でも、今回はコロナ禍ですので、少し様子が違うかと思われます。
改めてお聞きしますが、お子様は、もう学校に馴染みましたか? 大学1回生は依然オンライン授業、就活はままならない…、これらのことはニュースでは取り上げているのに、新小学1年生や中学1年生、高校1年生については、無い? 夏休みも短くて、今年は『特別な夏』ってね。コロナが起こって、お子様が、学校に行きたくない、勉強についていけない、友達ができない…などの状況になっていませんか? あるいは、イメージしていた学校と、違うなんて思っていませんか?

つい先日、あるお母様から、「中学に入学したものの、学校に馴染めなくて、このまま学校を続けさせるべきかどうか」というご相談を受けました。どうやらお子様は、燃え尽き症候群?で無気力状態になっているよう。だって中学受験勉強中、沢山、がんばりましたものね。
それで、詳しくお話を聞く中で、先ずお母様に「やってもらいたいこと」をお伝えしました。
内容によって、「編入の方向」をお伝えすることもあります。でも、それは、最後の最後。今、やるべきことは何か!それをやってから、次に進んだ方がいいのです。大事なことは、状況とタイミングの見極めです!!

ある私学の先生によると、その学校(難関校)は、編入の受け入れをされていて、超難関校から編入される生徒も多いのです。ですが、編入して新しい学校に馴染んでいるかとそうではないそうです。そして、ネットの情報に振り回されないで!と、仰っていました。

もし中1のお母様で、上記のような内容等で、悩んでおられる方がいらっしゃったら。お母さんはね、いつだってスーパーマンじゃなくていいのですよ。一緒に乗り越えましょう♬ ぜひ、『無料メール相談室』まで、ご一報くださいませ。お待ちしております。

AIにも手が出せない領域… 塾の先生と出会う

私立中学校受験用マガジン「モファラン」(ユーデック)をチェック!

関連記事

  1. 中学受験、小5は重要学年。家族のベクトルを合わせて突破へ

    2020.05.01
  2. 中学受験 保護者の考え方が不一致&父親が教育熱心

    2021.04.16
  3. 中学受験期に考えたい学校の宿題と休み時間

    2021.02.26
  4. テストの結果が悪かったときに「考える」こと

    2021.06.03
  5. 中学受験 通った中学校で大学受験の戦略が変わります

    2021.02.19
  6. 資格習得のための検定、CBTによる受検日決定!🎵

    2021.07.08

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP