栄光のかけはし

大事な時期、ロスタイム?

「放課後残りたい!」と言い出したら、みなさんならどうしますか?

息子が小5のときです。小学校で、企業とタイアップして「学習机」のコンテストがありました。
息子たちのチームは優勝を目指して、放課後、プレゼンの準備をしていました。
あるとき、「ぼくだけ放課後残っていないから、残りたい。塾にはちゃんと行くし、勉強もするから」と嘆願されました。

小5の終わり頃で、小6が目前に控えていたので、当然、諸手を挙げて、許可したわけではありません。
反対はしましたが、息子は押し切り、放課後、何とも楽しそうに仲間と準備をしていたようです。

ここで、一つ言えることは、息子が「プレゼンの準備をしたい」と主張したことです。

つまり、親に、自分の感情、考えを言えるかどうか…。

子どもが親に言われるがままだったら、のちに「あのときやっていれば…」と、悔やんでいたかもしれません。

もし、志望校に合格していなかったら、「あのとき、学校のことなんてさせなきゃよかった」という考えに親はなっていたかもしれません。

息子はすっかり?忘れていましたが、今となっては「笑い話」になりました笑。

中学受験で悩ましいことの一つに、学校行事との折り合い。子どもは、常に「学校と塾」との板挟みになります。
どう調整するのかも、お母さまの腕のみせどころですね~😊

 

学校と塾との調整など受験に関することで、お悩みの方は『無料メール相談室』までお寄せください💗
『無料メール相談室』 https://jukuerabi.net/msoudan/

 

◎このようなお悩みありませんか?
・転塾 ・コース変更 ・個別指導の塾選び ・志望校の絞り込みなど、ご検討されておられる方は、『無料メール相談室』までお寄せください。

 

※頭をスッキリさせるために有効なメニューをそろえております。👇
☆塾えらびステップ、ヒヤリングステップ、受験サポートステップ https://jukuerabi.net/3step/

☆『中学受験ママのための『聞き放題プラン』https://jukuerabi.net/hearing-plan/

☆『ZOOM限定「最後の一歩」プラン』https://jukuerabi.net/zoom-plan/

 

★常時:講話「中学受験に活かす人相学のススメ~『勝』を引き寄せるお顔づくり」(無料・要予約)

関連記事

  1. 戦略を練る

  2. 我が家の教育プランを見える化しませんか?

  3. 時間圧縮のメリット

  4. やっぱり根強い?非協力的な父親

  5. 我が子も?、意外に多い『敏感な人』たち

  6. 「中学受験をやめる」という選択肢

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP
LINE登録はこちらへ
LINE登録はこちらへ