栄光のかけはし

第3次中学受験ブーム

朝日新聞EduA10月号を見ていると、『中学入試のこれから』の特集がありました。
冒頭に、森上氏(森上教育研究所代表)が、この30年間の中学入試の変化をまとめていました。
みなさんは中学受験の第1次はいつ頃とおもわれますか?
そう、1980年代から、中学受験に関心がもたれるようになったとのこと。また、家庭の可処分所得も増え、首都圏を始め、全国で学習塾が広がっていく時期です。
続いて、第2次ブームの到来は。2000年代。「ゆとり教育」の導入が始まりました。
学校の学習内容が3割も減り、公立進学では、「勉強が遅れてしまうのではないか」という懸念から中高一貫校の進学校に人気が集まったよう。
そして、記憶に新しい2020年。コロナですね。一斉休校があり、この際、私立中のICT教育の対応力の素早さが注目され、これまで中学受験を考えていなかった層まで広がり、第3次中学受験ブームがやってきているのです。
第1次と第2次は景気と連動していると言われています。
また、教育現場」の状況から、保護者の方々が「中学受験」に踏み切る動機になっていることも明白です。
しかし、ここで気をつけたいことは、ブームに乗ってしまう人たち。
建前とは別に本音の部分で、「周りがしているから」とか「中学受験をしていないと格好悪い」などの理由で、中学受験を始めてしまうと、思わぬ落とし穴があります。
それは、例えば、子どもの成績が上がらない(成績が落ちた)、子どもにやる気がない…などの状況に陥ると、安直に結論を出し「止めて」しまうことです。
ブームに乗って始めてしまった人は、何かあるとすぐにやめてしまったりというような行動をされます。これでは、親の都合に振り回され、子どもが被害者になります。

中学受験は、時間も労力もお金もかかります。そして、何よりも親子共に、悔しい思いをしたり、思い通りにならないことなどの連続です。
ですから、中学受験を何故するのかという目的を明確にして親子で共有しておくことが大事ですし、お母様は常に心を整え、狂気の度合いを最小限に抑えておくことがベスト~!
ぜひ、心を整えることを忘れないでくださいね
😊


中学受験のなかで、塾に言えない、ママ友には言いたくないなど、お悩みがある方は『無料メール相談室』までお寄せください
💗

□『無料メール相談室』 https://jukuerabi.net/msoudan/

 

◎このようなお悩みありませんか?
・転塾 ・コース変更 ・個別指導の塾選び ・志望校の絞り込みなど、ご検討されておられる方は、『無料メール相談室』までお寄せください。

 

※頭をスッキリさせるために有効なメニューをそろえております。
👇
☆塾えらびステップ、ヒヤリングステップ、受験サポートステップ  https://jukuerabi.net/3step/

☆『中学受験ママのための『聞き放題プラン』https://jukuerabi.net/hearing-plan/

☆『ZOOM限定「最後の一歩」プラン』https://jukuerabi.net/zoom-plan/


★常時:講話「中学受験に活かす人相学のススメ~『勝』を引き寄せるお顔づくり」(無料・要予約)

 

関連記事

  1. 志望校合格のための戦略

  2. 中学受験 高校進級時のことも視野に入れて。

  3. 欲求についてのお話

  4. 中学受験 塾の動きに惑わされてはいけない

  5. 受験勉強で、おさえておきたい脳のはたらき

  6. 2020年中学受験終了、中学1年生のお母様へ伝えたいこと

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP
LINE登録はこちらへ
LINE登録はこちらへ