Loading

栄光のかけはし

テストの結果が悪かったときに「考える」こと

例えば、公開テストなどの算数の点数が「35点」だったとしましょう。この点数は、100点ではないので、いい点数とは言えません。ひょっとしたら、お母さんによっては、驚愕するかもしれません。でも客観的にみたときに、何故この点数だったのか考えます。

・勉強しなかった

が、考えられますが、もし、そのお子様が勉強したのに35点だったらどうでしょうか。
☆頭に記憶されていない、その単元が定着していなかったということですよね。
そして、さらに分析すると、
・復習量が足りない
・そもそも理解していない
・どこかでつまづいている
ということになります。
一つ一つを紐解いていくと、今、やるべきことが見えてきます。どうやって、時間をつくっていくのか…。
上記のような内容でお悩みの方は『無料メール相談室』までお寄せくださいませ。

中学受験 今の時期の転塾

受験勉強で、おさえておきたい脳のはたらき

関連記事

  1. 右脳を鍛えて、成績をパワーアップさせよう!

    2020.07.30
  2. 資格習得のための検定、CBTによる受検日決定!🎵

    2021.07.08
  3. 勉強の核は国語!

    2022.10.06
  4. 志望校の決め方

    2020.11.05
  5. 私、失敗しませんからのお母さんと残念なお母さん

    2020.03.20
  6. 中学受験 必ず出てくる国語のテーマ&エッセンシャル思考

    2020.05.29

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP