Loading

栄光のかけはし

テストの結果が悪かったときに「考える」こと

例えば、公開テストなどの算数の点数が「35点」だったとしましょう。この点数は、100点ではないので、いい点数とは言えません。ひょっとしたら、お母さんによっては、驚愕するかもしれません。でも客観的にみたときに、何故この点数だったのか考えます。

・勉強しなかった

が、考えられますが、もし、そのお子様が勉強したのに35点だったらどうでしょうか。
☆頭に記憶されていない、その単元が定着していなかったということですよね。
そして、さらに分析すると、
・復習量が足りない
・そもそも理解していない
・どこかでつまづいている
ということになります。
一つ一つを紐解いていくと、今、やるべきことが見えてきます。どうやって、時間をつくっていくのか…。
上記のような内容でお悩みの方は『無料メール相談室』までお寄せくださいませ。

関連記事

  1. 中学受験 必ず出てくる国語のテーマ&エッセンシャル思考

    2020.05.29
  2. 中学受験の国語 言葉

    2022.08.18
  3. 宿題が難しすぎて子供がやらないときには。

    2020.12.24
  4. 中学受験の答えは、高校卒業時にわかる

    2021.02.12
  5. 相談内容に変化!

    2022.06.02
  6. 従順な子供はいい子なの?

    2021.09.03

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP
LINE登録はこちらへ
LINE登録はこちらへ