Loading

栄光のかけはし

テストの結果が悪かったときに「考える」こと

例えば、公開テストなどの算数の点数が「35点」だったとしましょう。この点数は、100点ではないので、いい点数とは言えません。ひょっとしたら、お母さんによっては、驚愕するかもしれません。でも客観的にみたときに、何故この点数だったのか考えます。

・勉強しなかった

が、考えられますが、もし、そのお子様が勉強したのに35点だったらどうでしょうか。
☆頭に記憶されていない、その単元が定着していなかったということですよね。
そして、さらに分析すると、
・復習量が足りない
・そもそも理解していない
・どこかでつまづいている
ということになります。
一つ一つを紐解いていくと、今、やるべきことが見えてきます。どうやって、時間をつくっていくのか…。
上記のような内容でお悩みの方は『無料メール相談室』までお寄せくださいませ。

中学受験 今の時期の転塾

受験勉強で、おさえておきたい脳のはたらき

関連記事

  1. 中学受験 塾の動きに惑わされてはいけない

    2021.04.22
  2. 我が子も?、意外に多い『敏感な人』たち

    2020.09.25
  3. 通う学校で異なる物差しや受験戦略

    2021.01.28
  4. 高校を卒業してからの進路をイメージしてみましょう

    2021.04.08
  5. 志望校の決め方

    2020.11.05
  6. 中学受験を華麗に乗り切ろう!

    2020.02.27

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP