Loading

栄光のかけはし

中学受験 高校進級時のことも視野に入れて。

中学受験を終え、中学に入学し、学校生活が始まって1年、2年が過ぎていくと、そのまま、中高一貫なので、上に進む場合とそうでない場合があります。高校募集がある学校では、高校のコースも選択肢に入ってきます。
例えば、友人の娘さんが中3のときに、担任から①現状通り中高一貫コースで進級 ②高等部(複数コースが設置)の中から選択し進級 がありました。しかし、娘さんは、中学を卒業し、もう一度高校受験をして、公立高校へ行くという選択をとりました。
他にも、中学受験で不合格になり、もう一度高校(受験)でリベンジを図るケースなどもあります。そう言えば、息子が通う学校でも受験しなおして、高等部に変えた人もいました。稀なケースなのでどうしても噂になりますが、人の噂も七十五日。いつしか、その方の噂も聞かなくなりました。
長い学校生活のなかでは、親が予期せぬことが起こります。あれだけ何回も学校訪問したのに「思っていた学校と違う」、あるいは友達関係や、教師との確執…などで子供たちは悩みます。
中学受験の前に、今一度、こういったことが起こり得て、子供が『選択をする』ということもあらかじめ、想定しておくといいですね。

 

 

難しくなった塾選び

塾とは長い付き合いになります

関連記事

  1. 我が子も?、意外に多い『敏感な人』たち

    2020.09.25
  2. 中学受験の答えは、高校卒業時にわかる

    2021.02.12
  3. 中学受験 今の時期の転塾

    2021.05.27
  4. 宿題が難しすぎて子供がやらないときには。

    2020.12.24
  5. 通う学校で異なる物差しや受験戦略

    2021.01.28
  6. 中学受験で、親子の確執をつくらないためにも。

    2020.05.08

塾えらび.net LINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

塾えらび.netのLINE@配信

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP